→ TOP

斉藤 雅也
公立大学法人 札幌市立大学 デザイン学部・大学院デザイン研究科・教授 博士(工学)

〒005-0864 札幌市南区芸術の森1丁目

●専門分野 :建築環境学(熱環境)、熱力学

●キーワード:都市・建築環境デザイン 住環境 涼房 温房  想像温度 寒冷地 放射 動物園


●教育・研究活動の概要
   私たちヒトにとって最も身近な環境である<建築環境システム>における、光・熱・空気などの環境要素の振る舞いを対象にして、それらのほどよい状態とは何か、また、ほどよい状態を実現するためには、 照明や暖冷房・換気システムをどのように構成したらよいかについての研究を、1993〜2001年まで武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部建築学科の 宿谷昌則研究室にて取り組みました。
 2000年に同大学より博士(工学)の学位を取得後、1年客員研究員を経て、2001年より 札幌市立高等専門学校、 2007年より札幌市立大学デザイン学部・大学院デザイン研究科にて教育・研究活動をしています。
 2003〜04年には、文部科学省の長期在外研究員として、米国コーネル大学人間工学研究室 を運営するアラン・ヘッジ教授 のもとで、オフィス空間の椅子の仕様に対するヒトの温冷感・作業効率を明らかにする実験研究に取り組みました。

 研究においては、建築内外の光と熱の振るまいを理解するために、熱力学の概念のエントロピー、「エクセルギー, Exergy」 を建築環境工学 に適用した研究を進めています。エクセルギーは、エネルギーや物質の「資源性」とその「消費」を定量的に表わせる概念です。  エクセルギー研究について、これまで斉藤が行なった代表的な成果は、 ヒトは、人体内部にて消費されるエクセルギーが最小になるところで、 「暑くも寒くもない」中立な温冷感が得られることが確認できたことです <参考資料>。
 ヒトと暖冷房システムの双方のエクセルギー消費が最小になるシステムの計画設計を目指す必要があります。 なお、エクセルギー概念を用いた建築環境システムについての研究は、国内だけでなく国際ネットワークが組織されるまでに至り、斉藤は建築環境・省エネルギー機構(IBEC)に 設置された国内対応委員を務めました。 (IEA ECBCS Annex37, LowEx. Net, IEA ECBCS Annex49)。

 高断熱・高気密などに代表される建築のハード面の性能を最大限に引き出すためには、 住まい手のライフスタイル、住まい方(術)のソフト面を、ハード技術とどのように調和させるかが、 省資源・省エネルギー・省コストに大きく影響すると考えられます。
 住まい手自らが建築環境に対して内発的に働きかけることができるかが鍵と考えられます。そのひとつの試みとして、 住まい手の「想像温度」と「温熱快適性」に関する研究に着手しています。 以上について、日本建築学会 熱環境運営委員会の下で、 バイオクライマティックデザイン小委員会の活動に 参画し、2000年からは「建築環境教育」も研究テーマに加えています。 (日本建築学会 地球時代における教育小委員会のサイト)
 具体的には、安全、健康で、住み心地のよい建築空間、建築環境とは何かを伝えるだけでなく、 それらを考えるための環境づくりを、建築の専門家・市民を対象に進めています (たとえば環境省 エコフロー事業)。 2005年〜2007年の3年間:北海道 黒松内中学校校舎のエコ改修・環境教育事業のアドバイザーを務めました。 (黒松内中学エコ改修+環境教育事業)。

 北海道や札幌の地域に根ざした研究としては、2003年より積雪面反射光を利用した昼光照明利用が可能な窓システムの 開発に関する基礎研究を行なっています。また、2006年より札幌市円山動物園の再生に関する学内ワーキング・ グループ(学内共同研究)が札幌市立大学に立ち上がり、 いくつかの動物園再生プロジェクト(動物舎の計画設計・動物園における環境教育の推進・イベント支援ほか)を担当しています。 (参考サイト:円山動物園と札幌市立大学の関わり市民動物園会議
  • 札幌人図鑑「動物園デザイン紹介」(2014 出演)

     2010年4月より札幌市立大学大学院デザイン研究科が開学し、看護学研究科とも連携を 深めた研究を展開しています。たとえば、高齢者の入浴前後の室内環境と生理量の関係解析(看護学研究科・北大との共同研究)、 産科・小児科の教育支援用のための温もりのある「赤ちゃん人形(感性教材モデル)」の開発(科研費補助金による)、 ヒトの温度感覚と環境調整行動のフィールド調査(大学院連携プロジェクト演習ほか)などを推進しています。
  • 空白
    ●職歴
    2017.4-札幌市立大学 デザイン学部・大学院デザイン研究科 教授(現職)
    2011.4-2017.3札幌市立大学 デザイン学部・大学院デザイン研究科 准教授
    2010.4-2011.3札幌市立大学 デザイン学部・大学院デザイン研究科 専任講師
    2007.4-2011.3札幌市立大学 デザイン学部 デザイン学科 専任講師
    2003.6-コーネル大学 客員研究員(文部科学省在外研究員)
    Human Factors and Ergonomics Lab, Dept of Design and Environmental Analysis, College of Human Ecology, Cornell University (-04.3)
    2001.4-札幌市立高等専門学校 インダストリアル・デザイン学科 建築デザイン 専任講師(-07.3)
    2000.9-実践女子大学 生活科学部 非常勤講師(-01.3)
    1999.4-武蔵工業大学 大学院工学研究科 客員研究員(-01.3)
    1997.4-武蔵工業大学 工学部 建築学科 研究助手(-99.3)
    空白
    ●学歴
    1970.12三重県津市生まれ。千葉県千葉市で育つ。
    1989.3千葉県立検見川高等学校 普通科 卒業
    1994.3武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部 建築学科 卒業
    1996.3武蔵工業大学大学院工学研究科 建築学専攻 博士前期課程 修了
    1999.3武蔵工業大学大学院工学研究科 建築学専攻 博士後期課程 満期退学
    2000.3博士(工学)取得(武蔵工業大学/甲 第63号)
    空白
    ●国際会議
    2014.11SUSTAINABILITY WEEKS 2014 Finnish-Japanese Joint Symposium, University of Lapland, Rovaniemi, Finland
    2014.10Advanced Building Skins, Conference Proceedings of the 9th ENERGY FORUM, Bressanone, Italy
    2012.9Annex definition workshop on: “LowEx Communities . Optimised Performance of Energy Supply Systems with Exergy Principles", Headquarters of the Fraunhofer-Gesellschaft, September 2012, 5 & 6 in Munich, Germany
    2008.4LowEX discussion, Technical University of Delft, Delft, the Netherlands
    2008.4International Energy Agency(IEA), Energy Conservation in Building & Community Systems(ECBCS) Annex49 Low Exergy Systems for High-Performance Buildings and Communities, 3rd Expert Meeting, Vienna, Austria
    2007.10International Energy Agency(IEA), Energy Conservation in Building & Community Systems(ECBCS) Annex49 Low Exergy Systems for High-Performance Buildings and Communities, 2nd Expert Meeting, Yokohama, Japan
    2007.10International Conference on Kansei Engineering and Emotional Research, KEER 2007 , Sapporo, Japan
    2007.92nd PALENC Conference and 28th AIVC Conference on Building Low-Energy Cooling and Advanced Ventilation Technologies in the 21st Century, Crete Island, Greece
    2005.11International Workshop on Sustainable Asia 2005(SA2005), Yokohama, Japan
    2005.92005 World Sustainable Building Conference(SB05), Tokyo, Japan
    2005.9The Human Factors and Ergonomics Society (HFES) 49th Annual Meeting, Orlando, Florida, USA
    2004.97th International Symposium on Cold Region Development(ISCORD2004), Sapporo, Japan
    2004.1International Energy Agency(IEA), Energy Conservation in Building & Community Systems(ECBCS) Annex37 Low Exergy Systems for Heating and Cooling of Buildings, Final Meeting, Rovaniemi, Finland
    2003.10Center of Excellence in Environmental Systems(COE-ES), Syracuse, New York, USA
    2000.9International Energy Agency(IEA), Energy Conservation in Building & Community Systems(ECBCS) Annex37 Low Exergy Systems for Heating and Cooling of Buildings, 2nd Meeting, Stockholm, Sweden
    2000.7Passive and Low Energy Architecture(PLEA2000), Cambridge, UK
    1998.8International Solar Energy Society(ISES98), Taejon, Korea
    1997.1Passive and Low Energy Architecture(PLEA97), Kushiro, Japan
    1995.9International Solar Energy Society(ISES95), Harare, Zimbabwe
    空白
    ●所属学会等
  • 日本建築学会
  • 空気調和・衛生工学会
  • 日本太陽エネルギー学会
  • 日本感性工学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 北海道住まい・環境教育学会
  • LowEx. Net
  •   Network of International Society for Low Exergy Systems in Buildings
  • PLEA
  •   Passive and Low Energy Architectures
  • COE-ES(New York, USA)
  • 空白
    ●趣味・特技
    趣味もの思いにふける、ドライブ・温泉・読書・スポーツ観戦(NHL/ラグビー/高校野球)・筋トレほか
    1980.4-柔道(初段/-90)
    1990.4-アイスホッケー(現在に至る)
    1990.4-武蔵工業大学(現 東京都市大学)体育会アイスホッケー部(#8/関東大学リーグ4部/-95.3)
    1995.4-川鉄スティーラーズ(#25/千葉県社会人リーグ1部/-97.3)
    1997.1釧路スケート湿原国体・千葉県代表選手
    1997.4-♦バッカス(#76/東京都社会人リーグ4部/-99.3)
    1999.4-新横浜プリンスホテル(#25/神奈川県社会人リーグ1部/-01.3)
    2001.4-♦ゲッターズ(札幌市クラブリーグ Div.C/-02.3)
    2002.4-札幌市役所アイスホッケー部(#36/札幌市クラブリーグ Div.D/-03.5)
    2003.6-Bill Cooke's (#25/Ithaca LeagueDiv.A, New York, USA/-04.3)
    2004.4-札幌市役所アイスホッケー部(#36/札幌市クラブリーグ Div.B)